お知らせ / イベント

NEWS

  • TOPICS
    2019年06月27日 update

    脇本陣の宿「粂屋」令和元年7月5日にオープン!

    歴史の街道、脇本陣の宿・粂屋 北国街道・小諸宿   江戸時代、北国街道・小諸宿の脇本陣だった建物が、伝統と格式をそのままにリノベーション、令和元年の今、あらたな宿として生まれ変わりました。詩情あふれる高原の城下町・小諸、その歴史や文化、風情をたっぷり感じることのできる特別な宿です。

  • TOPICS
    2019年06月16日 update

    離れの奥の間は、格式の高い書院造り

    客室「桐」の書院窓の欄間   脇本陣の粂屋は、北国街道に面して主屋(おもや)があります。大きな屋根の主屋の裏には中庭が築かれ渡り廊下で離れの奥の間につながっています。奥の間は、格式の高い書院造りとなっており、床の間に脇床、違い棚、書院窓などを設えています。とくに書院窓にある欄間は透かし彫り…

  • TOPICS
    2019年06月16日 update

    脇本陣に残された宿札に加賀百万石・家臣の名前が・・・

    江戸時代に使われていた粂屋の宿札   江戸時代のはじめ、参勤交代が制度化されると、北国街道は北陸諸藩だけでなく日本海沿岸の諸藩の大名行列が通うことになりました。とくに加賀百万石の大名行列は、総勢五千人の規模となる時代もあり、北国街道も大いに賑わいました。   そして、江戸時代に脇…

  • TOPICS
    2019年06月16日 update

    「粂屋重右衛門」庵看板と招き屋根

    粂屋の庵看板「粂屋重右衛門」   小諸宿の脇本陣だった粂屋は、昭和20年ごろまで、旅籠(はたご)として営業していました。その後も大切に守られてきた看板があります。建物の正面中央にある玄関横に、唐破風の付いた招き屋根が残っていますが、ここに掛けられていた看板です。江戸時代、掲げることを幕府か…

  • TOPICS
    2019年06月16日 update

    一段敷居の高い部屋で、お茶会も

    脇本陣の宿・粂屋には、玄関を入ると一段敷居の高い和室があります。ここには畳の間に炉が切ってあります。ここから式台玄関や通りを眺めたり、渡り廊下や中庭の腰かけを待ち合いにしたりと脇本陣の造りをつかって趣向を凝らしたお茶会が楽しめます。貸室「雅(みやび)」は和室の6畳間。炉が切られております。式台のある…

イベントカレンダー